値下げ断り

クライアントからの無茶な値引き交渉や急な仕事の依頼を断る時に使える「断り・辞退メール」。ここでは、取引先からの無理な値下げ要求に対して断るをいれる「値下げ断りメール例文」を紹介しています。

こちらのページでは、取引先からの値引き交渉や無理な仕事の依頼を断る時や、心遣いや気持ちに添えない場合に使う、断り・辞退メール例文を紹介しています。
クライアントなどからの依頼や要求を断るには勇気がいりますが、断ることで相手との関係がまずくならないように、言葉遣いには注意が必要です。
断りを伝える際には、要望に応えられないことへの謝罪や感謝の言葉を書き記すことで、断りに対する印象を和らげます。
また、断りの理由は差し障りのないものでも構いませんが、断る意思表示はあいまいにせず、はっきりと相手側に伝えることも大切です。

値下げ断りメール例文

スポンサーサイト

件名:お値引きに関するお問い合わせについて

○○株式会社
販促部 ○○様

平素より、大変お世話になっております。
○○株式会社の営業部・佐藤です。

本日は、先日貴社よりご要望いただいた
○○のお値引きの件でご連絡致しました。

結論から申し上げますと
現状では、お断りせざるを得ない状況です。

ご存知の通り弊社は、
試作・開発に注力した多品種少量生産事業を
厳密な品質管理体制のもと執り行っております。

現在お取引いただいている○○におきましても
極限まで生産効率を高めた中で生産しており
これ以上の製造コストの削減は
品質低下を招く恐れもあるため
安全性の観点からお引き受けすることができません。

つきましては、誠に恐縮ではございますが
何卒上記の諸事情をご賢察の上、
ご了承下さいますようお願い申し上げます。

まずは、お詫びかたがたご返事申し上げます。

==================================
以下、ビジネスメール各署名部分です。

スポンサーサイト

私的使用以外での転載・複製は禁止しております。当サイトポリシーをよくお読みいただき、同意された方のみご利用下さい。

スポンサーサイト