担当者変更

会社の人事異動や新任地への着任を取引関係者に知らせる「異動メール」。こちらのページでは、異動による業務引き継ぎや後任担当者を取引先に伝える「担当者変更メール」例文を紹介しています。

こちらのページでは、人事異動・着任を取引関係者に知らせ、業務引き継ぎや後任の担当者を伝える際に使用する担当者変更メール例文を紹介しています。
いつから引き継ぎとなるのか、担当は誰になるのか等、取引先に迷惑がかからないよう、異動が決まったら早めの連絡を心がけます。
また、慌ただしく前任地を去ったような場合は、赴任先から改めて異動の知らせと新しい連絡先と感謝の意を伝えます。
今後も業務上でつながりがある場合は、「今後とも変わらぬお付き合いを〜」等のメッセージを添え、後任引き継ぎ後も引き続いての関係維持を伝えておきます。

担当者変更メール例文

スポンサーサイト

件名:担当者変更のお知らせ

○○株式会社
商品企画部 ○○様

いつもお世話になっております。
○○株式会社の営業部・佐藤です。

さて、このたび人事異動に伴い、
貴社担当の者が交代することとなりましたので、
お知らせ申し上げます。

これまで私が担当しておりましたが、
○月○日付けをもちまして
その任を終えることとなりました。
何かと至らぬ点もあったかと存じますが、
今まで大変お世話になりありがとうございました。

来る○月○日より、
弊社○○が新たに担当させていただくこととなりました。
近々、○○と共にご挨拶にお伺いしますが、
まずは取り急ぎメールにてご連絡した次第です。

尚、○月○日以降は、○○へご連絡ください。
担当者変更に伴い、ご迷惑をお掛けすることのないよう、
十分配慮いたしますので、
今後共どうぞよろしくお願い申し上げます。

==================================
以下、ビジネスメール各署名部分です。

スポンサーサイト

私的使用以外での転載・複製は禁止しております。当サイトポリシーをよくお読みいただき、同意された方のみご利用下さい。

スポンサーサイト