ビジネスアポ訪問

新規取引先や既存客への提案訪問時に使えるビジネスアポイントメール。ここでは、紹介してもらったクライアントへ送る「ビジネスアポ訪問メール例文」を紹介しています。

こちらのページでは、新規取引先や既存客への提案時に使えるビジネスアポイント訪問メール例文を紹介しています。
競合他社に比べ不利な状況でもあきらめず、マイナス要素をプラスに変えるポジティブ思考で対処をすることで、新たな視点での提案営業メールが結果に結びつきます。
現状に問題を抱えている場合はそれらを簡潔に伝え、解決案や改善ポイントを明記し、提案概要をわかりやすく相手に伝えていきます。
また、取引先にとって有用な効果やメリットも併せて記載できれば、プラスアルファの要素として、より訪問までの期待感を抱かせます。

ビジネスアポ訪問メール例文

スポンサーサイト

件名:弊社新製品ご紹介について面談のお願い〈株式会社○○・佐藤〉

株式会社○○
営業企画部 ○○様

はじめてご連絡させていただきます、
○○株式会社の○○様よりご紹介をいただきました、
株式会社○○・営業部の佐藤と申します。

ご多用中はなはだご迷惑とは存じますが、
当社の新製品○○につきまして、
是非とも○○様とお会いして
ご意見を参考にさせていただきたく
ご連絡を差し上げた次第です。

つきましては、貴社をご訪問の上、
内容を詳しく説明申し上げたく存じます。
下記の日程でご都合のよろしい日はありますでしょうか?

〈訪問候補日時〉
・○○月○○日(○)00:00〜00:00
・○○月○○日(○)00:00〜00:00
・○○月○○日(○)00:00〜00:00

上記以外でも、○○様のご都合のよい日時を
折り返しご指示いただければ幸いに存じます。

ご多忙な時期に申し訳ありませんが、
ご検討の程、何卒よろしくお願いいたします。

==================================
以下、ビジネスメール各署名部分です。

スポンサーサイト

私的使用以外での転載・複製は禁止しております。当サイトポリシーをよくお読みいただき、同意された方のみご利用下さい。

スポンサーサイト