退職返信

社内関係部署からの報告や業務連絡などがあった際に対応する、社内向け「返答・回答メール例文」。ここでは、退職挨拶の連絡メールに対する返信メール例文を紹介しています。

こちらのページでは、社内関係部署からの業務連絡や問い合わせ、また退職や転職などの挨拶があった際に対応する、返答・回答メール例文を紹介しています。
社内での返答メールは、簡潔に内容を明示し、即答できない場合はいつ頃迄に返答できるかを伝えることが大切です。
急を要する場合は、状況を確認し、対応策を具体的に明示する必要があります。
また、退職や異動連絡への返信時は、簡単でも感謝やねぎらいのメッセージを添えることを心がけるほか、こちらの不手際や間接的な調整ミスなどで関係部署を困らせている場合は、「すぐ訂正します」「遅れてすいません」など、真摯に対応する姿勢をメール内容で表現しておきましょう。

退職返信メール例文

スポンサーサイト

件名:退職のご連絡ありがとうございます。

営業三課 ○○部長

営業一課の佐藤です。

退職のご挨拶をいただき、
ありがとうございます。

○○部長には、
数え切れないほどの励ましやご指導をいただき、
公私ともに多くのことを勉強させていただきました。
私の社会人としてのスタートが
○○部長の元で仕事をする時間を得られたことを、
心から感謝しています。

退職されることは本当に名残り惜しく
まだまだ教えて頂きたいことが沢山ありますが
今後は充実したセカンドライフを送られますことを、
心よりお祈り申し上げます。

これまで本当にありがとうございました。
益々のご健勝とご活躍をお祈り致します。

==================================
以下、ビジネスメール各署名部分です。

スポンサーサイト

私的使用以外での転載・複製は禁止しております。当サイトポリシーをよくお読みいただき、同意された方のみご利用下さい。

スポンサーサイト