退職挨拶返事

社内関係部署からの質問や問い合わせ、また業務連絡などがあった際に対応する「返答・回答メール例文」。ここでは、退職挨拶メールに対しての返事メールを紹介しています。

こちらのページでは、社内関係部署からの業務連絡や問い合わせ、また退職や転職などの挨拶があった際に対応する、返答・回答メール例文を紹介しています。
社内での返答メールは、簡潔に内容を明示し、即答できない場合はいつ頃迄に返答できるかを伝えることが大切です。
急を要する場合は、状況を確認し、対応策を具体的に明示する必要があります。
また、退職や異動連絡への返信時は、簡単でも感謝やねぎらいのメッセージを添えることを心がけるほか、こちらの不手際や間接的な調整ミスなどで関係部署を困らせている場合は、「すぐ訂正します」「遅れてすいません」など、真摯に対応する姿勢をメール内容で表現しておきましょう。

退職挨拶返事メール例文

スポンサーサイト

件名:ご挨拶のメールをいただきありがとうございました。

開発一課 ○○部長

営業一課の佐藤です。

メール拝読しました。
以前からお噂には聞いておりましたが、
とうとう退職される日を迎えてしまうのかと思うと
なんとも切ない気持ちになります。

○○部長には数えきれないくらいお世話になり
まだまだ教えて頂きたいことも多く、
何もご恩返しできていないまま、
お見送りしなければならないのは
心苦しい限りです。

退職されてもこれまでと同じようにご活躍され
新生活を楽しまれるよう心よりお祈りいたしております。

私たちのことも忘れないでください。
素晴らしい時間を本当にありがとうございました!

==================================
以下、ビジネスメール各署名部分です。

スポンサーサイト

私的使用以外での転載・複製は禁止しております。当サイトポリシーをよくお読みいただき、同意された方のみご利用下さい。