お見舞いの定型フレーズ2

災害発生時や、病気やケガで入院された方へ送るお見舞いメールフレーズを紹介。ひと言お見舞いの言葉を述べておくと、相手に対する思いや気遣いを伝えることができます。

毎日の仕事をしていく中で必須のビジネスメール。ここでは、今スグ使えるお見舞いのメール定型フレーズを紹介しています。
普段何気なく使っているメールも、うまく情報が伝わらなかったり、誤解を招いたりと、意外と情報伝達ツールとして上手に使いこなせていないOLやビジネスマンが多いと聞きます。
こうした苦手意識や間違いを少しでも解消するために、ビジネスでお見舞いのシーンでよく使うメール定型フレーズをまとめてみました。
コピペで簡単に利用できるテンプレートタイプですので、例文と併せて参考にしてみてください。

お見舞いの定型フレーズ2

スポンサーサイト

★大変驚いております。
貴社周辺で○○が発生したと聞き、大変驚いております。
★只々、驚くばかりです。
日を追って明らかになる事業被害の大きさに、只々驚くばかりです。
★ご心痛のほどお察しいたします。
今回の事故においてはあまりに突然な出来事で、貴社ご一同様のご心痛のほどお察しいたします。
★何かとご苦労のことと、拝察いたします。
○○に携わる皆様におかれましては、何かとご苦労の多かったことと拝察申し上げます。
★この際、十分に静養をなさって
この際、十分に静養をなさって、一日も早いく回復されることを心よりお祈りいたします。
★ここしばらくは加療に専念され
ここしばらくは加療に専念され、一日も早く現場に復帰なさいますますようお祈り申し上げます。
★一日も早くご回復をお祈り申し上げます。
この際、じっくりとご養生に励まれ、一日も早くご回復をお祈り申し上げます。
★一日も早く全快されますよう、お祈り申し上げます。
何卒、十分にご療養の上、一日も早く全快されますよう、お祈り申し上げます。

スポンサーサイト

私的使用以外での転載・複製は禁止しております。当サイトポリシーをよくお読みいただき、同意された方のみご利用下さい。