お見舞いの定型フレーズ1

病気やケガで入院された方や災害時に送るお見舞いメールフレーズを紹介。ひと言お見舞いの言葉を述べておくと、相手に対する思いや気遣いを伝えることができます。

毎日の仕事をしていく中で必須のビジネスメール。ここでは、今スグ使えるお見舞いのメール定型フレーズを紹介しています。
普段何気なく使っているメールも、うまく情報が伝わらなかったり、誤解を招いたりと、意外と情報伝達ツールとして上手に使いこなせていないOLやビジネスマンが多いと聞きます。
こうした苦手意識や間違いを少しでも解消するために、ビジネスでお見舞いのシーンでよく使うメール定型フレーズをまとめてみました。
コピペで簡単に利用できるテンプレートタイプですので、例文と併せて参考にしてみてください。

お見舞いの定型フレーズ1

スポンサーサイト

★心よりお見舞い申し上げます。
この度の台風によりご被害がありましたこと、心よりお見舞い申し上げます。
★謹んでお見舞い申し上げます。
この度の大規模火災、謹んでお見舞い申し上げます。
★お慰めの言葉もありません。
思いがけない災難でさぞやお心細い思いをされたことと、お慰めの言葉もありません。
★ご同情申し上げます。
この度は思いもよらぬ災害に遭われ、心よりご心配ご同情申し上げます。
★大変心配しております。
今回の大雨に際し、甚大な被害が出ているとの報道、大変心配しております。
★〜はいかがと、一同案じております。
貴社周辺を襲った台風の被害を知り、関係の皆様方のご安否はいかがと、一同案じております。
★〜はいかがでしょうか。心よりご案じ申し上げております。
貴工場ならびに従業員の皆様方はいかがでしょうか。心よりご案じ申し上げております。
★〜とのことで、大変心配しております。
かなり大きな地震で震源地は貴社の地元であるとのことで、大変心配しております。

スポンサーサイト

私的使用以外での転載・複製は禁止しております。当サイトポリシーをよくお読みいただき、同意された方のみご利用下さい。