季節の挨拶10月

ここでは、ビジネスメールで季節の変わり目に用いられる、10月の季節の挨拶メール例文を紹介。書き出しの言葉・結びの言葉など季節感あふれる時候の挨拶をご用意。

こちらのページでは、メールの書き出し文や文末、結びの言葉として使える「季節の挨拶」ビジネスメール例文を紹介しています。
仕事で取引のある方や関係者に対し、季節の変わり目連絡する間隔が空いてしまった時に、時候の挨拶をひと言入れるだけで、グッと文章が引き締まるはずです。
季節感あふれる時候の挨拶は、相手が年配の方になればなるほど、礼節を感じさせるものとして受け入れられます。
書き出しの言葉・結びの言葉とも、最初は季節ごとに、慣れてきたら月ごとの言葉を覚えていき、さまざまなシーンで応用できるよう積極的に利用してみましょう。

スポンサーサイト

メールの書き出しの挨拶10月

秋の訪れを感じる時期となりましたが、いかがお過ごしでしょうか。
秋晴れの空が心地よい季節となりましたが、お変わりありませんでしょうか。
秋も徐々に深まってきました今日この頃、皆様いかがお過ごしでしょうか。
最近はだいぶ秋らしくなってまいりましたが、いかがお過ごしでしょうか。
木々の葉もすっかり色づいてまいりました。
スポーツの秋、味覚の秋となりました。
秋の深まりを感じられる時期となりましたが、お元気でお過ごしでしょうか。
山の紅葉も色づきはじめてきた今日この頃、お元気でお過ごしでしょうか。
いよいよ秋も深まって参りました。
過ごしやすい季節となり、お元気でお過ごしのことと思われます。

メールの文末結びの挨拶10月

朝夕の冷え込みがますます強まって参ります。風邪など召されぬようご自愛下さいませ。
朝晩の気温差が激しくなるこの季節です。くれぐれもお身体に気を付けてお過ごしくださいませ。
これからの季節、冷え込みが厳しくなりますので、くれぐれもご自愛下さいませ。
朝夕めっきり冷えてまいりました。どうぞ健康には十分お気をつけてくださいませ。
深まりゆく秋、お体を大切に。
徐々に寒くなってまいります時期、どうぞご自愛くださいませ。

スポンサーサイト

私的使用以外での転載・複製は禁止しております。当サイトポリシーをよくお読みいただき、同意された方のみご利用下さい。