季節の挨拶2月

ここでは、ビジネスメールで季節の変わり目に用いられる、2月の季節の挨拶メール例文を紹介。書き出しの言葉・結びの言葉など季節感あふれる時候の挨拶をご用意。

こちらのページでは、メールの書き出し文や文末、結びの言葉として使える「季節の挨拶」ビジネスメール例文を紹介しています。
仕事で取引のある方や関係者に対し、季節の変わり目連絡する間隔が空いてしまった時に、時候の挨拶をひと言入れるだけで、グッと文章が引き締まるはずです。
季節感あふれる時候の挨拶は、相手が年配の方になればなるほど、礼節を感じさせるものとして受け入れられます。
書き出しの言葉・結びの言葉とも、最初は季節ごとに、慣れてきたら月ごとの言葉を覚えていき、さまざまなシーンで応用できるよう積極的に利用してみましょう。

スポンサーサイト

メールの書き出しの挨拶2月

寒気も少しずつ緩み始めましたが、お元気でお過ごしですか。
春の訪れが待ち遠しい今日この頃、いかがお過ごしでしょうか。
梅のつぼみもそろそろ膨らみ始めました。
梅のつぼみもほころぶ季節となりましたが、お元気でお過ごしでしょうか。
春も近いと思わせるようになりましたが、お変わりありませんか。
雪の消え間に久しぶりで黒い土が見え始めましたが、いかがお過ごしでしょうか。
春と名ばかりの厳しい寒さが続いています。
梅のつぼみも膨らみ、日中はいくらか寒さもゆるんで参りました。
寒気はまだまだ退きませんが、いかがお過ごしでしょうか。
近年にない厳しい寒さが続いておりますが、いかがお過ごしでしょうか。
真冬の寒さが続いております今日この頃、いかがお過ごしでしょうか。
まだまだ寒さが続く今日この頃、いかがお過ごしでしょうか。

メールの文末結びの挨拶2月

寒さ厳しき折、くれぐれもご自愛ください。
もうすぐ春。待ち遠しいですね。
まだまだ寒い日がつづきますが、皆様お元気でお過ごし下さい。
日脚は伸びても、寒さはまだまだ厳しい今日この頃。どうぞ、お元気でお過ごしください。
春とはいえ、寒い日が続きます。お風邪など召しませんよう、お身体にお気をつけください。
まだまだ冬の寒さが続きます。どうぞ風邪などひかないよう、暖かくしてお過ごしください。
寒さ厳しき折、どうぞご自愛ください。
朝夕の寒さごとに厳しい時、くれぐれもお身体を大切になさってください。

スポンサーサイト

私的使用以外での転載・複製は禁止しております。当サイトポリシーをよくお読みいただき、同意された方のみご利用下さい。

スポンサーサイト