閉店・廃業の定型フレーズ1

店舗の閉店や事業の廃止を伝える閉店・廃業メールフレーズを紹介。相手が気になるのは廃業後の業務の引き継ぎや体制です。周囲とよく相談し臨機応変に対応していきましょう。

毎日の仕事をしていく中で必須のビジネスメール。ここでは、今スグ使える閉店・廃業のメール定型フレーズを紹介しています。
普段何気なく使っているメールも、うまく情報が伝わらなかったり、誤解を招いたりと、意外と情報伝達ツールとして上手に使いこなせていないOLやビジネスマンが多いと聞きます。
こうした苦手意識や間違いを少しでも解消するために、ビジネスで閉店・廃業のシーンでよく使うメール定型フレーズをまとめてみました。
コピペで簡単に利用できるテンプレートタイプですので、例文と併せて参考にしてみてください。

閉店・廃業の定型フレーズ1

スポンサーサイト

★○月○日をもって閉店いたします。
皆様にご愛顧いただきました当店は、○年○月末日をもって閉店いたします。
★閉店させていただきます。
諸般の事情により○年○月○日をもちまして、閉店させていただきます。
★廃業することに相成りました。
この度、弊社・株式会社○○は、○年○月○日をもって廃業することに相成りました。
★閉鎖させていただくことになりました。
突然ですが、当支店は、○年○月○日をもって閉鎖させていただくことになりました。
★都合により
勝手ながら、弊社の都合により、閉店させていただくことになりました。
★諸般の事業により
このたび諸般の事情により、廃業いたす運びとなりました。
★経営合理化に伴う〜により
この度、弊社は経営合理化に伴う事業統合により、○○支店を閉鎖することに相成りました。

スポンサーサイト

私的使用以外での転載・複製は禁止しております。当サイトポリシーをよくお読みいただき、同意された方のみご利用下さい。

スポンサーサイト