断り・辞退の定型フレーズ2

仕事の依頼や各種問い合わせ、心遣いや気持ちに添えない場合に使う、断り・辞退メールフレーズを紹介。断る意思表示は曖昧にせず、明確に伝えることが大切です。

毎日の仕事をしていく中で必須のビジネスメール。ここでは、今スグ使える断り・辞退のメール定型フレーズを紹介しています。
普段何気なく使っているメールも、うまく情報が伝わらなかったり、誤解を招いたりと、意外と情報伝達ツールとして上手に使いこなせていないOLやビジネスマンが多いと聞きます。
こうした苦手意識や間違いを少しでも解消するために、ビジネスで断り・辞退のシーンでよく使うメール定型フレーズをまとめてみました。
コピペで簡単に利用できるテンプレートタイプですので、例文と併せて参考にしてみてください。

断り・辞退の定型フレーズ2

スポンサーサイト

★お断りせざるを得ません。
誠に心苦しいのですが、今回のご依頼は、お断りせざるを得ません。
★これまで通り
これまで通り、ご愛顧いただきますよう、よろしくお願いいたします。
★辞退させていただきます。
当方の専門分野でない案件ということもあり、今回のお話は、ご辞退させていただきます。
★ご遠慮させていただきます。
残念ながら、同業の方のお申込みは、ご遠慮させていただきます。
★勘弁していただきたく存じます。
再度の値下げに関しましては、勘弁していただきたく存じます。
★ご容赦いただきたくお願い申し上げます。
今後は十分注意いたしますので、ご容赦いただきたくお願い申し上げます。
★ご辞退申し上げるほかございません。
せっかくのお申し出、大変光栄に存じますが、ご辞退申し上げるほかございません。
★辞退せざるを得ません。
生産量が受注に追い付かないため、ご注文を辞退せざるを得ません。
★私どもでは力足らずです。
せっかくのご依頼ですが、残念ながら私どもでは力足らずです。

スポンサーサイト

私的使用以外での転載・複製は禁止しております。当サイトポリシーをよくお読みいただき、同意された方のみご利用下さい。

スポンサーサイト