ご馳走のお礼

接待や仕事でお世話になった場合に使えるお礼メール。こちらでは、取引先にご飯をご馳走になった時に使える、感謝の気持ちを先方へ伝えるお礼メール例文を紹介しています。

こちらのページでは、取引先などから飲食をご馳走になったり、ゴルフや仕事のお世話になった場合のお礼メールの文例を紹介しています。
本来であれば、電話やお手紙で気持ちを伝えるのがマナーですが、スピードが求められるビジネスの世界においては、よほどフォーマルなお付き合いでない限り、間を空けずにメールでお礼の気持ちをお伝えしても差し支えないかと思います。
メールを利用する際は、自分の言葉を付け加えたものを3日以内に送信し、感謝の気持ちが少しでも早く伝わる努力を怠らないようにしましょう。

ご馳走のお礼メール例文

スポンサーサイト

件名:昨夜はありがとうございました

○○株式会社
営業部 ○○様

平素より、大変お世話になっております。
株式会社○○・営業部の佐藤です。

昨夜は、お忙しいなか
大変なお心づかいをいただき、
本当にありがとうございました。

長時間にわたりお付き合いいただき、
その上お食事までご馳走になり、
恐縮するばかりです。

皆様とともに楽しいひとときを過ごし、
また貴重なご意見も伺うことができ、
私共も実に有意義な夜となりました。
ぜひ次の機会に、
お返しをさせていただければと思います。

今後とも、変わらぬお付き合いのほど、
どうぞよろしくお願いいたします。

メールにて恐縮ではございますが、
取り急ぎ、お礼申し上げます。

==================================
以下、ビジネスメール各署名部分です。

スポンサーサイト

私的使用以外での転載・複製は禁止しております。当サイトポリシーをよくお読みいただき、同意された方のみご利用下さい。