恐縮の定型フレーズ1

相手に無理なお願いをしたり、気を使わせてしまった際に利用できる恐縮メールフレーズを紹介。ひと手間煩わせた申し訳ない気持ちを添えて送りましょう。

毎日の仕事をしていく中で必須のビジネスメール。ここでは、今スグ使える恐縮のメール定型フレーズを紹介しています。
普段何気なく使っているメールも、うまく情報が伝わらなかったり、誤解を招いたりと、意外と情報伝達ツールとして上手に使いこなせていないOLやビジネスマンが多いと聞きます。
こうした苦手意識や間違いを少しでも解消するために、ビジネスで恐縮のシーンでよく使うメール定型フレーズをまとめてみました。
コピペで簡単に利用できるテンプレートタイプですので、例文と併せて参考にしてみてください。

恐縮の定型フレーズ1

スポンサーサイト

★お忙しいところ恐縮ですが
お忙しいところ恐縮ですが、ご都合のほどをお知らせいただけると幸いです。
★ご多忙のところ申し訳ないのですが
ご多忙のところ申し訳ないのですが、ご返信いただけると幸いです。
★ご繁忙中、誠に申し訳ございませんが
ご繁忙中、誠に申し訳ございませんが、ご協力のほどお願いいたします。
★ご多用中、誠に恐縮でございますが
ご多用中、誠に恐縮でございますが、ぜひご出席いただきたくご案内申し上げます。
★恐れ入ります。
丁寧なご返信をいただき、恐れ入ります。
★恐縮しております。
過分なお心遣いをしていただき、恐縮しております。
★恐縮至極に存じます。
過分な評価を頂き、恐縮至極に存じます。
★痛み入ります。
ご丁重なるお気遣い、誠に痛み入ります。

スポンサーサイト

私的使用以外での転載・複製は禁止しております。当サイトポリシーをよくお読みいただき、同意された方のみご利用下さい。