お詫びの定型フレーズ3

ビジネスシーンで発生する様々なミスやクレーム対応などの場面で使えるお詫びメールフレーズを紹介。迅速に謝罪の言葉を相手に送る必要があります。

毎日の仕事をしていく中で必須のビジネスメール。ここでは、今スグ使えるお詫びのメール定型フレーズを紹介しています。
普段何気なく使っているメールも、うまく情報が伝わらなかったり、誤解を招いたりと、意外と情報伝達ツールとして上手に使いこなせていないOLやビジネスマンが多いと聞きます。
こうした苦手意識や間違いを少しでも解消するために、ビジネスでお詫びのシーンでよく使うメール定型フレーズをまとめてみました。
コピペで簡単に利用できるテンプレートタイプですので、例文と併せて参考にしてみてください。

お詫びの定型フレーズ3

スポンサーサイト

★深く反省しております。
今回のような不始末が生じ、深く反省しております。
★猛省しております。
弊社の管理不行き届きによるものと、猛省しております。
★遺憾に存じます。
このような結果となり、誠に遺憾に存じます。
★肝に銘じます。
このような不祥事を二度と起こさぬよう、肝に銘じます。
★以後、気をつけます。
打ち合わせ遅刻の件、以後、十分気をつけます。
★厳に注意します。
本人には、このようなことのないよう厳に注意、指導します。
★このようなことは二度といたしません。
今後は管理体制を厳重化し、このようなことは二度といたしません。
★おっしゃるとおりで
ご指摘の点、○○様のおっしゃるとおりでございます。
★ご指摘の通り
ご指摘の通りで、弁解の余地はありません。
★〜はごもっともで
お怒りはごもっともで、申し開きのできないことです。

スポンサーサイト

私的使用以外での転載・複製は禁止しております。当サイトポリシーをよくお読みいただき、同意された方のみご利用下さい。