お詫びの定型フレーズ2

ビジネスシーンで起りがちな納期遅れや商談ミス、クレーム対応など様々な場面で使えるお詫びメールフレーズを紹介。迅速に謝罪の言葉をお送りする必要があります。

毎日の仕事をしていく中で必須のビジネスメール。ここでは、今スグ使えるお詫びのメール定型フレーズを紹介しています。
普段何気なく使っているメールも、うまく情報が伝わらなかったり、誤解を招いたりと、意外と情報伝達ツールとして上手に使いこなせていないOLやビジネスマンが多いと聞きます。
こうした苦手意識や間違いを少しでも解消するために、ビジネスでお詫びのシーンでよく使うメール定型フレーズをまとめてみました。
コピペで簡単に利用できるテンプレートタイプですので、例文と併せて参考にしてみてください。

お詫びの定型フレーズ2

スポンサーサイト

★大変申し訳なく恐縮しております。
ご期待に添えず、大変申し訳なく恐縮しております。
★ご迷惑をおかけいたしまして
当方の手違いから多大なご迷惑をおかけいたしまして、深くお詫び申し上げます。
★ご心配をおかけいたしまして
この度は、大変なご不便とご心配をおかけいたしまして申し訳ありません。
★ご不快の念をおかけいたしまして
ご説明が不十分で、ご不快の念をおかけいたしまして、大変申し訳ございませんでした。
★失態をお見せいたしまして
忘年会での酩酊の失態をお見せいたしまして、誠に失礼いたしました。
★弁解の余地もございません。
弊社における納品ミスであり、弁解の余地もございません。
★申し開きのできないことです。
○○様のご対応はごもっともで、申し開きのできないことです。
★面目次第もございません。
対応が遅れたこと、誠に面目次第もございません。
★お恥ずかしいかぎりです。
大変初歩的な失態で、お恥ずかしいかぎりです。
★反省いたしております。
配慮が至らなかったものと、反省いたしております。

スポンサーサイト

私的使用以外での転載・複製は禁止しております。当サイトポリシーをよくお読みいただき、同意された方のみご利用下さい。

スポンサーサイト