説明の定型フレーズ1

取引先等とのやりとりで、思い違いや誤解を解消する時に使う説明メールフレーズを紹介。一つひとつ事実を明記し、わかりやすい表現で伝えていきましょう。

毎日の仕事をしていく中で必須のビジネスメール。ここでは、今スグ使える説明のメール定型フレーズを紹介しています。
普段何気なく使っているメールも、うまく情報が伝わらなかったり、誤解を招いたりと、意外と情報伝達ツールとして上手に使いこなせていないOLやビジネスマンが多いと聞きます。
こうした苦手意識や間違いを少しでも解消するために、ビジネスで説明のシーンでよく使うメール定型フレーズをまとめてみました。
コピペで簡単に利用できるテンプレートタイプですので、例文と併せて参考にしてみてください。

説明の定型フレーズ1

スポンサーサイト

★誤解があるようですので
少し誤解があるようなので、補足させていただきます。
★誤解なされているようですので
誤解なされているようなので、改めてご説明いたします。
★行き違いがあったかと思われますので
多少の行き違いがあったかと思われますので、ご説明させていただきます。
★ご説明に至らぬところがあったかと存じますので
ご説明に至らぬところがあったかと存じますので、改めてお知らせいたします。
★ご了解いただけますよう
ご了解いただけますよう、お願い申し上げます。
★ご了解のほど
ご迷惑をおかけいたしますが、ご了解のほど、よろしくお願い申し上げます。
★ご承知おきくださいますよう
ご承知おきくださいますよう、お願い申し上げます。
★ご理解いただきたく
ご理解いただきたく、お願い申し上げる次第です。

スポンサーサイト

私的使用以外での転載・複製は禁止しております。当サイトポリシーをよくお読みいただき、同意された方のみご利用下さい。