納期短縮お願い

取引先に対し、打ち合わせ日の変更や見積り等の送付をお願いする時に使える依頼・お願いメール。ここでは、納期の短縮を再度お願いする「依頼・お願いメール例文」を紹介しています。

こちらのページでは、相手に打ち合わせ日時の変更や発注内容の修正、見積りや資料等をお願いする時に使える依頼・お願いビジネスメールの例文を紹介しています。
依頼を通しやすくするには、こちら側のお願いする姿勢が非常に大切です。自分の都合より取引先の都合を優先させ、言葉を選んだ丁寧な対応を心がけましょう。
また、依頼のメールでは「〜していただけないでしょうか」と問いかけ型のフレーズを利用することで、印象も和らぎ、依頼されている抵抗感を軽減させてくれます。「〜してください」といった命令調では、相手側の印象も悪く、自社都合と思われがちなので注意が必要です。

納期短縮お願いメール例文

スポンサーサイト

件名:納期短縮再検討のお願い

○○株式会社
商品管理部 課長 ○○様

平素よりお世話になっております。
○○株式会社・営業部の佐藤です。

さて、ご連絡いただきました
○○についての納期短縮の件、
対応できないとのご返答ですが、
誠にごもっともなことと存じます。

しかしながら、弊社としましても
欠品による販売機会の損失および
新規ユーザー層獲得の機会損失を
最小限に留めたいと考えております。

つきましては、
ご無理なお願いであることは重々承知なのですが、
何卒ご配慮いただいて、
再度ご検討していいただきたく存じます。

前向きなご返事をお待ちしています。
どうぞよろしくお願い申し上げます。

==================================
以下、ビジネスメール各署名部分です。

スポンサーサイト

私的使用以外での転載・複製は禁止しております。当サイトポリシーをよくお読みいただき、同意された方のみご利用下さい。