商談断り

取引先からの接待や無理な依頼を断る時に使う、断り・辞退ビジネスメール。ここでは、新規の商談依頼を断るメール例文を紹介しています。

こちらのページでは、相手からの仕事の依頼や各種問い合わせ、心遣いや気持ちに添えない場合に使う、商談断りビジネスメール例文を紹介しています。
依頼や誘いを断るには勇気がいりますが、断ることで相手との関係がまずくならないように、言葉遣いには注意が必要です。
断りを伝える際には「ありがとうございます」などの感謝の言葉を書き記すことで、断りに対する印象を和らげます。
また、断りの理由は差し障りのないものでも構いませんが、断る意思表示はあいまいにせず、はっきりと相手側に伝えることが大切です。

商談断りメール例文

スポンサーサイト

件名:ご商談ご希望の件

○○株式会社
○○営業部 営業課長 ○○様

平素は格別のお引き立てをいただき、
厚く御礼申し上げます。
○○株式会社・営業部の佐藤です。

この度は、ご丁寧なメールをいただきまして、
誠にありがとうございます。

さて、いただきました内容を拝見し
社内にて検討いたしましたが
現在の所、お時間をお取りすることはいたしかねます。
申し訳ありませんがご了承ください。

ご提示いただいた事業内容は大変興味深いもので、
弊社にご関心をお持ちくださったことも
大変ありがたく存じます。
しかしながら、
今現在の弊社の製造能力・営業体制・アフターフォロー体制では
充分なご対応が出来かねる状況であり、
ご期待に添うようなお話し合いを行うことは
極めて困難と判断いたしました。

せっかくのお申し出ですが、
事情ご拝察のうえ、
どうかお許しいただきたく存じます。

末筆ながら貴社のご発展をお祈り申し上げます。
取り急ぎ、ご返事申し上げます。

==================================
以下、ビジネスメール各署名部分です。

スポンサーサイト

私的使用以外での転載・複製は禁止しております。当サイトポリシーをよくお読みいただき、同意された方のみご利用下さい。

スポンサーサイト