新規取引依頼

販路拡大に向け、新規案件や新商品の提案時に使える営業提案ビジネスメール。ここでは新規取引を依頼する新規取引メール例文を紹介しています。

こちらのページでは、取引先に新規の仕事や新商品の提案をする時に使える、新規取引ビジネスメール例文を紹介しています。
競合他社に比べ不利な状況でもあきらめず、マイナス要素をプラスに変えるポジティブ思考で対処をすることで、新たな視点での提案営業メールが結果に結びつきます。
現状に問題を抱えている場合はそれらを簡潔に伝え、解決案や改善ポイントを明記し、提案概要をわかりやすく相手に伝えていきます。
また、相手先にとって有用な効果やメリットも併せて記載できれば、プラスアルファの要素として、より期待感を抱かせます。

新規取引依頼メール例文

スポンサーサイト

件名:新規取引のお願い【○○株式会社・佐藤】

○○株式会社
○○販売部 販促ご担当者様

時下ますますご清栄のこととお喜び申し上げます。

○○の企画・販売をしております、
株式会社○○・営業部の佐藤と申します。

この度は、突然のメールで恐縮でございますが、
貴社と新規に取引をお願いいたしたく、
ご連絡を差し上げた次第です。

弊社では、自社で一貫した管理体制のもと
○○を対象にした製品を企画・販売しており
○○地方を中心に、小売店様とお取引をいただいております。

今回、新たに○○地方への販路拡大を図りたいと考えていたところ、
貴社のご隆盛を承り、是非ともお取引願いたいと存じた次第です。

つきましては、一度貴社にお伺いし、
ご挨拶をさせていただければと存じます。
貴社のご都合に合わせてお伺いいたしますので、
ご検討の上、お返事いただければ幸いです。

なお、弊社の実績・事業内容などにつきましては、
下記のリンクより弊社会社概要をご高覧下さい。
→http://www.xxxxx.co.jp/xxxx.pdf

まずはメールにて、
新規お取引のお願いまで申し上げます。

==================================
以下、ビジネスメール各署名部分です。

スポンサーサイト

私的使用以外での転載・複製は禁止しております。当サイトポリシーをよくお読みいただき、同意された方のみご利用下さい。

スポンサーサイト