工程遅れ断り

ビジネスシーンでよくある取引先からの無理な要望や急な依頼対応。ここでは、協力会社の工程・納期遅れ依頼を断るメール例文を紹介しています。

こちらのページでは、相手からの仕事の依頼や各種問い合わせ、心遣いや気持ちに添えない場合に使う、断り・辞退メール例文を紹介しています。
依頼や誘いを断るには勇気がいりますが、断ることで相手との関係がまずくならないように、言葉遣いには注意が必要です。
断りを伝える際には「ありがとうございます」などの感謝の言葉を書き記すことで、断りに対する印象を和らげます。
また、断りの理由は差し障りのないものでも構いませんが、断る意思表示はあいまいにせず、はっきりと相手側に伝えることが大切です。

工程遅れ断りメール例文

スポンサーサイト

件名:スケジュール変更のご依頼について

○○株式会社
商品開発部 課長 ○○様

平素よりお世話になっております。
○○株式会社・営業部の佐藤です。

さて、ご連絡いただきました
○○についての納期延期のお申し出ですが、
誠に申し訳ございませんが、
お受けいたしかねます。

当案件に関しましては、
関係各所の協力を仰ぎながら
何回にも及ぶ日程調整を繰り返し、
ようやく発売日が決定した経緯があります。

もし、どうしても
予定工程通りの対応が不可能な場合は
契約内容の見直しをお願いする運びとなります。

弊社としましても、
双方が十分に納得した上で
業務を進めていきたいと考えております。
何卒、契約通り実施されますよう、
重ねてご協力お願いいたします。

==================================
以下、ビジネスメール各署名部分です。

スポンサーサイト

私的使用以外での転載・複製は禁止しております。当サイトポリシーをよくお読みいただき、同意された方のみご利用下さい。

スポンサーサイト