残暑お見舞い

四季折々の日常的な行事のひとつとして、季節の移り変わりを実感できる残暑お見舞い。ここでは、自社の近況と共に、残暑を見舞う「残暑お見舞いメール」例文を紹介。

暑中・残暑見舞いは親族・知人などの健康を気遣う趣旨のあいさつですが、近年はビジネスメール等で簡素化されたものも増えてきています。ここでは、そうした暑中見舞い・残暑見舞いの挨拶例文を紹介しています。
「暑中お見舞い申し上げます」という季節文言も、本文の冒頭に使うことで季節感を与え、ご無沙汰している相手への連絡の口実にもなります。
また、改まって暑中見舞いや残暑見舞いを目的としたメールを送ることはなくても、通常の用件に暑中見舞い・残暑見舞いのフレーズを添えて、相手を気遣う気持ちを伝えると好印象を与えます。

残暑お見舞いメール例文

スポンサーサイト

件名:残暑お見舞い申し上げます。

○○株式会社
営業部 ○○様

残暑お見舞い申し上げます。
平素は格別のお引き立てに預かり
誠にありがとうございます。

おかげさまで私どもも、
新規事業の収益確保を確立すべく
全国を飛び回る毎日を送っております。

まだしばらくは厳しい暑さが続きますが、
○○様におかれましても
どうぞご自愛くださいますようお願い申し上げます。
略儀ながらメールにて
ご報告かたがたご挨拶申し上げます。

==================================
以下、ビジネスメール各署名部分です。

スポンサーサイト

私的使用以外での転載・複製は禁止しております。当サイトポリシーをよくお読みいただき、同意された方のみご利用下さい。

スポンサーサイト