異動のご連絡

社内人事異動を社外取引関係者にお知らせる「異動連絡メール」。こちらでは、取引担当者に転勤やや業務引き継ぎを伝える際に使う「異動お知らせメール例文」を紹介しています。

こちらのページでは、人事異動・着任を関係者に知らせ、今後の自分の役職や業務引き継ぎを連絡する際に使用する異動お知らせメールの例文を紹介しています。
慌ただしく前任地を去ったような場合、赴任先から改めて異動の知らせと新しい所属先ほか、感謝の意を伝えます。
いつ、どこに異動になったのかをまず明記し、署名にも新しい部署や役職などとともに連絡先を記載しておきます。
また、業務を他の担当者が引き継ぐ場合は、「今後とも変わらぬお付き合いを〜」等のメッセージを添え、引き続いての関係維持を伝えておきましょう。

異動のご連絡メール例文

スポンサーサイト

○○株式会社 ○○様

平素より、大変お世話になっております。
株式会社○○・営業企画部の佐藤です。

早速ではございますが、私こと
この3月をもちまして、○○支店へ異動することになりました。

本社在任中は、公私にわたりお世話になり、
本当にありがとうございました。

この○年間さまざまなことがございましたが、
こうして無事に任期を終えることができたのも、
○○様のおかげと心より感謝しております。

本来であれば、
直接お伺いしご挨拶すべきところではございますが、
急な辞令のためままならず、
メールでのご連絡、お詫び申し上げます。

なお、後任は営業企画部・○○が務めさせていただきます。
近いうちに、○○より改めてご連絡の上、
ご挨拶に伺う予定でございます。
これまで同様、お引き立てのほど、
宜しくお願いいたします。

今までお世話になり、
本当にありがとうございました。

メールにて恐縮ですが、
取り急ぎお礼かたがたご挨拶申し上げます。

==================================
以下、ビジネスメール各署名部分です。

スポンサーサイト

私的使用以外での転載・複製は禁止しております。当サイトポリシーをよくお読みいただき、同意された方のみご利用下さい。

スポンサーサイト