社内異動の連絡

こちらでは、社内での異動や着任を関係部署に知らせ、今後の自分の役職や業務引き継ぎを伝える際に使う異動連絡メールの例文を紹介しています。

こちらのページでは、人事異動・着任を社内関係者に知らせ、今後の自分の役職や業務引き継ぎを連絡する際に使用する異動お知らせメールの例文を紹介しています。
慌ただしく前任地を去ったような場合、赴任先から改めて異動の知らせと新しい連絡先と感謝の意を伝えます。
いつ、どこに異動になったのかをまず明記し、署名にも新しい職場の部署や役職などとともに連絡先を記載しておきます。
今後も社内連携上でつながりがある場合は、ひと言メッセージを添え、引き続いての関係維持を伝えておきます。

社内異動の連絡メール例文

スポンサーサイト

件名:異動に伴う業務引継ぎのご連絡

関係者各位

お疲れさまです。
営業企画部の佐藤です。
  
さて、私ごとで恐縮ですが
○月○日付で社内異動することとなり、
次のとおり、業務を後任担当者に引き継ぐこととなりましたので、
お伝え致します。
後任担当者:営業企画部・○○
E-mail:xxxxxx@xxxxx.co.jp
電話:000-0000-0000
内線:000-0000-0000
 
なお、○○に関する業務の全てのメールは、
本日以降、後任担当者宛にお送り下さい。
 
また私は、○月○日付で、以下に異動いたします。
新所属:マーケティング本部・WEB企画課
E-mail:xxxxxx@xxxxx.co.jp
電話:000-0000-0000
内線:000-0000-0000

短期間の所属ではありましたが、
大変お世話になり感謝しております。

今後も新しい所属先にて、
皆様のお力添えをいただくことも多々あるかと思いますが、
これまで同様、ご協力・ご指導よろしくお願いいたします。

==================================
以下、ビジネスメール各署名部分です。

スポンサーサイト

私的使用以外での転載・複製は禁止しております。当サイトポリシーをよくお読みいただき、同意された方のみご利用下さい。