気をつけたい敬称の使い方

普段何気に使うビジネスメールでは「敬称」「役職」の使い方にも注意が必要です。「殿」「御中」など本文中の宛名はもちろん、社内向けメールでも気を配り使い分けを身につけましょう。

普段何気に使う電子メールなどのビジネス文書では、敬称の使い方にも気をつけましょう。
手紙に比べ、手軽に利用できる電子メールでは、用件ばかりに気がいき、思いのほか「宛名」「宛先欄」の敬称・役職には気を配らない方が多いようです。
メールを送った場合、本文中の宛名部分はもちろん、宛先欄にも相手の名前や敬称・役職が表示されるケースがあります。
社外メールはもちろんのこと、社内メールでも間違った使い方をしていないか、こちらのページで改めて確認しておきましょう。

スポンサーサイト

メールに使う敬称例

「様」の使い方

社内・社外問わずに用いられる一般的な敬称です。現在のビジネスシーンでは、敬称の中では一番使われる頻度が高いものです。
メールや手紙などの書き言葉をはじめ、日常の話し言葉としても使用する機会が多い敬称です。

例)○○株式会社 営業部 ○○
例)○○株式会社 営業部 部長 ○○

「殿」の使い方

一般的に、社外の役職名の後に用いられます。現在では、「様」や「役職名」のみを使うことが多く、官公庁などの極めて公的なシーン以外ではあまり利用しない言い回しとなっています。

例)営業部 課長 ○○殿
例)○○株式会社 人事部 人事部長殿

「御中」の使い方

官公庁・企業・各種団体・学校・部署などの機関・組織宛の文書に用います。「御中」は組織に属する全ての人を対象にしているので、「御中」の後に「役職名」や「様」などの敬称を重ねて記載することはありません。

例)○○株式会社御中
例)○○株式会社 人事部御中

「各位」の使い方

複数の相手にそれぞれ同一のメールを送る場合に用いられます。「各位」自体が敬称を兼ねているので、「○○各位様」「○○各位御中」といった使い方は誤りとなります。

例)○○支店 営業部各位
例)○○プロジェクト 関係者各位

スポンサーサイト

「役職名」の使い方

送信相手の役職がわかっている場合は、役職名を付けた宛名を使用します。使い方としては、社名+部署+役職+名前+様が一般的です。

例)○○株式会社 営業部 部長 ○○様
例)○○株式会社 営業部 ○○部長

「先生」の使い方

医師や教師、弁護士など士業を営む方にメールを送る際に用いられます。「各位」同様、「先生」自体が敬称を兼ねているので、「○○先生様」「○○先生殿」といった使い方は誤りとなります。

例)○○大学 ○○学部 ○○先生

スポンサーサイト

私的使用以外での転載・複製は禁止しております。当サイトポリシーをよくお読みいただき、同意された方のみご利用下さい。

スポンサーサイト