担当者変更のお知らせ

人事異動・着任を関係者に知らせ、今後の自分の役職や業務引き継ぎを連絡する際に使用する異動お知らせメール。こちらでは、新任担当者が送るメール例文を紹介しています。

こちらのページでは、人事異動・着任を関係者に知らせ、今後の自分の役職や業務引き継ぎを連絡する際に使用する異動お知らせメールの例文を紹介しています。
慌ただしく前任地を去ったような場合、赴任先から改めて異動の知らせと新しい連絡先と感謝の意を伝えます。
いつ、どこに異動になったのかをまず明記し、署名にも新しい職場の部署や役職などとともに連絡先を記載しておきます。
今後も業務上でつながりがある場合は、「今後とも変わらぬお付き合いを〜」等のメッセージを添え、引き続いての関係維持を伝えておきます。

担当者変更のお知らせメール例文


件名:○○の後任となりました(○○株式会社・佐藤)

○○株式会社
営業部 ○○様

平素より、大変お世話になっております。

この度、○月○日より、○○の後任として
営業部に着任いたしました佐藤と申します。

先月までは、○○支店におきまして
新規のお得意様を中心とした顧客対応業務に
携わってまいりました。

今後は、御社のお役に立てますよう、
精一杯業務に励んでまいりますので、
どうぞよろしくお願い申し上げます。

改めて、ご挨拶に伺いますが、
まずはメールにて、ご連絡申し上げます。

==================================
以下、ビジネスメール各署名部分です。

【その他の関連コンテンツ】