お身内の訃報お悔やみ

訃報に際し、通夜や葬儀に参列できない、またはできなかった時に出すお悔やみのメール。こちらでは、取引先のご尊父様の訃報を知った時に送るお悔やみのメール例文を紹介しています。

こちらのページでは、訃報に際し、通夜や葬儀に参列できない、またはできなかった時に出すお悔やみのメール例文を紹介しています。
一般的にお悔やみの言葉は、メールで送るものではありません。しかし、しばらく連絡を取っていない相手や、あとからメールで知らせを聞いたときなどは、メールで返答しても失礼にあたらないでしょう。
お悔やみメールを送る際は、お亡くなりになった事情には深入りせず、お悔やみの気持ちや相手の体調をいたわる文言を入れて簡潔に伝えるのがベターです。
上司や取引先、関係各位それぞれの立場で、ご遺族の心情を気づかって送ることを心がけましょう。

お身内の訃報お悔やみのメール例文

スポンサーサイト

件名:お悔やみ申し上げます

○○株式会社
営業部 ○○様

いつも大変お世話になっております。
株式会社○○・営業部の佐藤です。

この度は、○○様のお身内にご不幸があったと伺い
突然の訃報に大変驚いております。
心よりお悔やみ申し上げます。

本来であれば
弔問にお伺いすべきところではございますが、
立場上ままならず、略儀ながらメールにてお悔やみを申し上げます。

お力をお落としのことと存じますが、
くれぐれもご自愛下さいませ。

最後になりましたが、
ご尊父様のご冥福を心よりお祈り申し上げます。

==================================
以下、ビジネスメール各署名部分です。

スポンサーサイト

私的使用以外での転載・複製は禁止しております。当サイトポリシーをよくお読みいただき、同意された方のみご利用下さい。