宛先/CC/BCCの使い分け

メールを送信する際に必ず行う送信先のメールアドレス入力。こちらでは、「宛先・CC・BCC」を使った場合のそれぞれの送信先の違いとその使い分けについて解説していきます。

通常メールを送信する際には、送信先のメールアドレスを入力する必要があります。
送信先が1人の場合は、深く考える必要はありませんが、送信先が複数ある場合、単純に一斉送信をかけてしまうと思わぬトラブルを招くことも。
そんな時、目的や用途によって「宛先」「CC(カーボン・コピー)」「BCC(ブラインド・カーボン・コピー)」等の送信先機能を使い分けると、もっと便利にメールを利用することができます。
ここでは、「宛先」「CC」「BCC」を使った場合のそれぞれの違いについて解説していきます。

スポンサーサイト

覚えておきたい宛先使い分け

ビジネスメール宛先/CC/BCCの使い分け

宛先

「宛先」ボックスには、メールを送りたい相手(1人 or 少数)のメールアドレスを入力します。
「宛先」ボタンをクリックして、アドレス帳からメールアドレスを入力することもできます。また、「宛先」欄に複数のアドレスを入れると、連名としての通信となり、それぞれのアドレスに送ることもできます。

CC

「宛先」のアドレスのほかに「CC」欄に別のアドレスを入れて送信すると、両方のアドレスに同じメールが届きます。主となる「宛先」以外にも、メールを送りたい相手が複数いる場合に使用します。
送られたメールには、すべての送信先が明記されるので、誰が「CC」として指定されているかがわかります。

★CCの利用シーン

・「宛先」の人以外にも、メール用件を他者に知らせておきたい時。
・「宛先」の人に対し、同じメールを誰に送ったかしらせたい時。

BCC

「宛先」「CC」の他に「BCC」の欄にアドレスを入れて送信すると、それぞれの相手に同じメールが届きます。
但し、「BCC」に入力したメールアドレスは、ほかの送信先のメール内には表示されません。
同じ内容のメールを送ったことを「宛先」や「CC」の相手に知られたくない場合、秘密にしたい人のアドレスを「BCC」に記入して送信します。

★BCCの利用シーン

・複数の人にメールを送る際に、それぞれのメールアドレス情報を互いに知ることがないようにしたい時。
・他の誰にメールを送ったのかを、主となる「宛先」の人に知られたくない時。

スポンサーサイト

私的使用以外での転載・複製は禁止しております。当サイトポリシーをよくお読みいただき、同意された方のみご利用下さい。

スポンサーサイト