日程変更のお詫び

ビジネスシーンで起りがちなクレーム対応等、社外向けに様々な場面で使える「お詫びメール」。ここでは、打ち合わせの日程変更を謝罪する「日程変更のお詫びメール」例文を紹介しています。

こちらのページでは、日頃ビジネスで起りがちなクレーム対応や納期遅延、また自社都合で迷惑をかけてしまった場合の謝罪対応など様々な場面で使えるお詫びメール例文を紹介しています。
ややもすると、お詫びする側の責任回避や対応の悪さでトラブル事例が多いケースですが、こちらに非がある場合は、迅速に謝罪・お詫びの言葉をお送りする必要があります。
また、直接的にこちらに落ち度がない場合でも、まずは状況を確認し、そうしたことが起ってしまった原因と今後の対応を適切に回答し、同じ過ちやミスを繰り返さないはっきりと意思表示しましょう。

日程変更のお詫びメール例文

スポンサーサイト

件名:【お願い】打ち合わせ日程変更につきまして。

○○株式会社
営業部 ○○様

平素より、大変お世話になっております。
○○株式会社の営業部・佐藤です。

早速ですが、○月○日(○曜日)に予定しておりました
お打ち合わせですが、○月○日(○曜日)に変更して
いただけませんでしょうか?

時間の変更はございませんので、日にちのみ
ご調整いただければと存じます。

変更が難しいようであれば、○○様のご都合の
よい日をいくつか候補を頂戴できれば幸いです。

勝手なお願いで大変恐縮ではございますが、
何卒よろしくお願い申し上げます。

==================================
以下、ビジネスメール各署名部分です。

スポンサーサイト

私的使用以外での転載・複製は禁止しております。当サイトポリシーをよくお読みいただき、同意された方のみご利用下さい。

スポンサーサイト