相手の意見を聞く

打ち合わせ日程や仕事の依頼など、相手の意向を確かめるために使われる打診・検討メール。こちらでは、製品導入可否の相談時に送るメール例文を紹介しています。

こちらのページでは、打ち合わせ日程や仕事の依頼など、相手の意向を確かめるために使われる打診・検討メール例文を紹介しています。
打診メールでは、いきなり決定事項を知らせたり、一方的に自分の都合で物事を進めたりするのではなく、まず、相手の都合や状況を尋ねてから、次のステップに進むと双方が気持ちよく仕事を進めることができます。
日程などを打診する際は、2〜3の候補を提示し、相手が回答しやすいように明記します。
また「もし、よろしければ〜」などのフレーズを活用し、あくまでも先方の都合に合わせるという印象を与え、こちら側は調整可能だという意思を伝えることもポイントです。

相手の意見を聞くメール例文

スポンサーサイト

件名:○○導入に関するご相談

○○株式会社
営業部 ○○様

いつも大変お世話になっております。
株式会社○○の佐藤です。

本日は、貴社にて既にご活用されている
○○についてのご相談があり、連絡させていただきました。

現在、当社でも○○の導入を検討しているのですが、
通常使用時の精度や処理能力、
また、ランニングコストなどを
お伺いできますでしょうか。

初期投資の費用負担もあり、
なかなか機種選定が絞り込めていない状況です。
誠に勝手なお願いで甚だ恐縮ではございますが、
少々お時間をいただければ幸いです。

ご多忙の中、大変恐縮ですが、
ご協力の程よろしくお願いいたします。

==================================
以下、ビジネスメール各署名部分です。

スポンサーサイト

私的使用以外での転載・複製は禁止しております。当サイトポリシーをよくお読みいただき、同意された方のみご利用下さい。

スポンサーサイト